(更新日:2020年11月1日)
東海大学通信工学同窓会(TASC)

    (通信工学科 コミュニケーション工学科 情報通信電子工学科)

  Tokai university Alumni Society of Communication engineering department

<目次>

1.会長挨拶

2.TASCの説明

(1) 2018年度活動報告
(2) 2019年度活動方針
(3) TASC規約
(4) 2019年度組織
(5)大学改組通信継承学科
(6)通信工学同窓会沿革
2020年5月6日更新

3.TASC活動報告

(1) 会報
(2) 代議員会記録
(3) 理事会記録
2020年4月5日更新
(4) 行事記録
(5) 通信工学同窓会賞

(6) 講演会記録
2020年5月5日更新
 

4.通信工学科の歴史

(1)通信工学科恩師
2020年5月6日更新
(2) コミュニケーション恩師
(3)情報通信電子恩師


5.TASC事務局便り

(1) 本部事務局
(2) タイ支部
(3) 北海道支部
(4) 九州支部
(5) 建学75周年事業
(6) AO入試案内
(7) 学園で学ぼう案内
(8) 情報通信学部紹介

6.会員交流コーナー

7.ご連絡、お問い合わせ

学園関連HPリンク
 東海大学
 学校法人東海大学
 東海大学同窓会
 東海大学校友会
 東海大学望星学塾
 山田学長ブログ

「2020年度、東海大学通信工学同窓会(TASC)の活動について」
(2020年11月1日更新)


東海大学通信工学同窓会(TASC)各位

                      2020年11月1日

                      東海大学通信工学同窓会

  当会の活動に対し、ご支援を頂き、ありがとうございます。2020年

 6月に2020年度活動方針などの議案について、電子メールによる代議

 員会でご承認を頂くことができました。

  以前と同様な活動方針で進める予定でおりましたが、ご承知のとおり、

 新型コロナウイルス感染症については一進一退の状況であります。

  その影響もあり、毎年7月に発行している会報についても休刊とさせて

 頂きました。また毎年11月に大学で開催されている式典を含む建学祭、

 ホームカミングデーも中止が決まりました。更に毎年、忘年会を開催して

 おりました霞が関にあります東海大学校友会館も7月末をもって、営業を

 終了したこともあり、今年は本会の忘年会も中止とする予定です。

  当会としましても、中途半端な活動もできず必要最低限な活動を余儀な

 くされています。また、活動再開に際しましては、皆様の安全確保を始め

 皆様から頂いた会費を更に有効活用できることも含め検討していきたいと

 思っております。

  なお、会費については毎年会報に振込用紙を同封しておりますが今年は

 郵送する機会がありませんが、ご篤志としての納入は通年で受付を実施し

 ております。

  振込み用紙の依頼、振込みについては、jimu@tasc.gr.jp でも受付を

 継続しておりますので、引き続きご協力をお願いいたします。

  ≪参考:振込先口座=ゆうちょ銀行≫

       口座記号―口座番号 = 00130−3−727902

       加入者名      = 東海大学通信工学同窓会

  最後に改めて会員の皆様、御家族の皆様にとって、今以上に有意義な

 生活が過ごせるように心からお祈り申し上げます。

                                以上

 


*「2019年度秋季同窓会の集い」終了しました

*通信工学同窓会忘年会実施のご報告
 2019年11月30日(土)15時30分から東海大学校友会館(霞が関ビル35階)にて忘年会を実施いたしました。ご参加いただいいた方、ありがとうございました。
 
* ホームカミングデー11月3日のご報告
 本年度の卒業生による講演は、加藤欣一氏(75年卒)による「HF帯。AM通信のお誘い」と題して
 改めてアマチュア無線の面白味を語っていただきました。講演終了後、体育館にて大懇親会で旧交を温めました。 (講演の内容は右目次「3.TASC活動報告の(6)講演会記録」を参照ください。)


  通信工学同窓会会場 6号館  6C−203教室

  (10時開場、講演会は11時30分より)

 講師加藤欣一氏のメッセージ

 2008年、3.8MHzのバンドが拡大されたころ、3757kHzでAM通信を楽しんでいるグループがあり

 ました、大変興味がありましたので仲間入りさせていただきました。丁度その頃、仕事を引退

 したJA2の友人からハムを再開したいとの相談があり7MHzで実験したところ350Km離れている

 彼と常にS 59+でローカルの様に交信できました。QSOを重ねるうちに7MHzは実用的に使える

 ことがわかり、次は「自作機で交信したい」との意欲が湧き昔制作した機器を手直して交信し

 ましたら、,40年前にタイムスリップした気分となり彼からも若返った声が返ってきました。

 この経験がきっかけとなり私のAM通信の送信機、受信機を制作し運用する旅が始まりました。

 2013年のCQ誌1月号に「7MHz AM通信のお誘い」の記事を掲載したところ、その年のお正月に

 は驚くほど大勢の方々がQRVされきました、これは同じ思いの仲間が沢山いて潜在的AMファン

 の想いが一気に爆発した結果だったのです。AMでのDXですが、私はSSBで1万局以上に更新実績

 がありますがAMでも楽しめます。

 今回の講演ではAM送信機、受信機の話から幅広くアンテナ、スプリアス対応等もご紹介したい

 と思います。若い方々の無線へ入門は大歓迎ですが、反面シニアの皆様が各々の豊富な

 ノウハウを持っておられます、このノウハウを吸収出来れば

  「あと20年はアマチュア無線で人生が楽しめる」と実感しています。

 またこのノウハウを次世代へ繋げることも我々の責務とも思っています。アマチュアは無線は

 自分の好きなことを突き詰める遊びではないでしょうか、自分のスタイルで楽しむAM通信には

 クラシック音楽のような楽しみがいっぱい詰まっているのです。

 ぜひ本講演に足をお運びください。お待ちしています。

             


*「2019年度春季同窓会の集い」終了しました

 5月25日(土)高輪キャンパスにて代議員会、総会、講演会、懇親会が開催されました

 *代議員会では2018年度の活動報告、決算報告と監査報告が承認された後

   下記の役員選任(案)が審議され承認されました

    *任期満了の中西孝夫前会長の退任の承認と参与への選任

    *新会長に小林一雄氏(72年)を選任

    *副会長に村田信一氏(86年)を選任

    *任期満了の副会長 柳沢真一氏の再任

           顧問 木村登先生の再任

           参与 松尾守之先生の再任

    *北海道支部長 伊藤光一氏の任命報告

        事務長 西村俊明氏の任命報告

   続いて2019年度の活動方針(案)予算(案)が承認され代議員会は終了

 *総会では2015年度から2018年度までの主活動の報告書と事業運営推移が

   配布され、特に当会の課題に関して前会長から下記説明がされた。

    *若手会員の参加推進策

    *会費納入者の推進策(累積納入者数は有効住所者数の13%)

    *新規会員獲得の必要性(将来への維持、発展のため現存関連学科との合併など)

   事業運営面に於いては毎年16万〜30万円のマイナスバランスが澤田会計理事

   より報告された後、総会は終了

   参照)左欄、会長挨拶、2018年度活動報告、2019年度活動方針

         2019年度組織、代議員会議事録

 *講演会は情報通信学部教授の石井啓之先生「情報通信の潮流を泳いで」でとの演題

   先生の軌跡をたどりながら通信の変遷を語っていただき最後に聴講者の関心点で

   ある情報通信学部の将来に関してもお話していただきました。

   参照)左欄、講演会記録、講演録は作成予定

 *懇親会は先生方を含め50名以上の参加者で学食コメドールで開催されました。

   各先生方からのお言葉もいただき歓談を通して親睦を深めました。

   参照)右欄 3段目記念写真


* 北海道支部総会終了しました

 第三回北海道支部総会を「ホテル札幌ガーデンパレス」にて浅利先生ご臨席の下に

 開催いたしました。終了後は、「北海道ブロック総会、懇親会」に参加し幅広い交流

 の場を持ちました。詳細は左欄「北海道支部」から「2018年度北海道支部総会」

 に入りご参照下さい、浅利先生のお元気な写真も掲載しています。

 参照)右3段目写真



*東海大学建学75周年の歩みについて

 母校の建学75周年を記念した建学75周年の歩みが公開されています。

 YouTubeに入り「学校法人東海大学」と入力し、「検索」してください。

 建学100周年に向けた学園マスタープラン、マゼランの遺伝子もご覧できます。



* 会報発行に関しまして

  2017年度よりタイムリーな年度活動報告をお届けするため発行日を8月1日
 
  に変更しました。皆様からの積極的なご寄稿及びご質問、ご意見などご遠慮無く

  お知らせください。左欄「会報」欄にも掲載いたします。


* 会費納入、ご寄付のお願い

  当会の運営は会員の皆様からの会費で維持されています、最大支出の会報発行は

  最重要な事業と位置づけています。何卒会費の必要性のご理解を賜り未納入の方々

  のご協力をお願い申し上げます。

  下記は、2018年度(2018/4/1 ~ 2019/3/31)及び2019年度(2019/4/1 ~ 5/31)

  会費、寄付金納入者のご芳名です。

      会費、寄付金納入者のご芳名リスト


* クラス同窓会ご支援します

  卒業30周年、40周年、50周年など記念クラス同窓会を開催しませんか?

  準備に必要な、名簿、タックルシート、恩師の紹介、会場のご相談など

  ご遠慮無くご相談ください

  また、当ホームページの「会員交流コーナー」を会員の相互交流促進に利用下さい。

  クラス会、同好の集いなどに有効と思います。

    お問い合わせは、 jimu@tasc.gr.jpまで。  
 

* 書籍のご紹介


  +松前達郎総長講話録冊子 「東海大学建学の思想とその源泉」ご紹介

   この度望星学塾より発行されました本冊子では、科学技術者としての創立者

   松前重義博士、教育者としての松前重義博士について充実した内容で述べら

   れており母校愛が深まります、ぜひご一読読を強くお薦めします。

   冊子に限りがありますが、ご希望の方には贈呈いたしますので下記までご連絡

   ください。なお母校の原点とも言える「望星学塾」では様々なテーマで講演会

   が開催されています。リンクを作りましたので左欄から入りご参照下さい。
 

 +「無装荷ケーブル」
 
    松尾守之先生著 紀伊国屋書店電子書籍ストアー800円(下段ご参照)

     書籍紹介「無装荷ケーブル」
      
 + 松前達郎総長「こころの玉手箱」

   松前達郎総長が日経新聞「こころのた玉手箱」にご寄稿されました。

   「こころの玉手箱」


 + 松前重義博士「私の履歴書}1967年日経新聞掲載

   日経書籍ストア」から無料で公開されています。下記よりダウンロードできます。

   日経ストア
          

 + 建学70周年記念名簿」

   ご希望の方は左欄の「本部事務局」をご参照しご連絡下さい。


                                             
 *本ページの右側写真はクリックして大きな画面でご覧下さい。

   上段:2019年度忘年会(校友会館)(2020年5月3日追加)

   二段:掲示板(2019年度行事実績)

   三段:2019年度懇親会(高輪コメドール)

   四段:2018年度北海道支部総会

   五段:松尾守之先生著「無装荷ケーブル」電子書籍版発行のご案内